CS

CS

カスタマーサービス
Customer service

我が家をスマホひとつで
コントロールする時代に。
スマートハウスで賢い住まいづくりを。

CS事業

2016年7月、大阪オフィスにオペレーションセンターを開設。エンドユーザーからの問い合わせなど様々なテレフォンオペレーションに対応します。

CS事業

O&M事業

「運⽤と保守」で
太陽光発電ビジネスをサポート

太陽光発電はメンテナンスフリーではありません。
年数が経過した太陽光発電では、部品の劣化による故障や不具合が生じたり、パネルの汚れや破損による問題が発生してきます。
これらの問題は、長期安全・安定稼働の妨げとなり、発電ロスや発電ストップという事態を招いてしまうことがあります。
これらの問題を事前に防ぐために、大型太陽光発電設備のメンテナンスは不可欠といえます。
日本住宅サービスでは「運用と保守」を第一に考え、お客様の太陽光発電システム事業をサポートいたします。

大型太陽光発電で生じるトラブル

汚れ
汚 れ

鳥の糞や汚れも長期間放置すると破損の原因になります。また、ホットスポットによる発電量低減も発生してきます。

漏電
漏 電

端子の緩みやケーブルの破損などにより発生。火災の原因にもなるため早めの補修が必要になります。

雷電
雷 電

規格を遥かに超える電圧がかかり、太陽光発電システムを故障・破損させる場合もあります。

破損
破 損

飛来物の衝突など、気がつかないうちに思いがけない被害が発生する場合もでてきます。

経年劣化
経年劣化

長年使用してくると、どのパネルにも経年劣化は必ず起こってきます。

弊社が行うメンテナンス

日本住宅サービスでは、太陽光発電周辺の除草やモジュールの洗浄、破損した部品の交換や点検等を行っています。
また、緊急時にもスタッフが迅速な対応を行う駆けつけ等の様々なサービスを行っています。
大型太陽光発電の運用と保守については、弊社までお気軽にご相談ください。

除草
除 草

発電パネルに部分的に落ちる影はホットスポットと呼ばれ、故障や火災を引き起こす可能性があるため、除草によりそれを事前に回避する必要があります。

洗浄
洗 浄

蓄積された汚れにより太陽光を十分に吸収することが出来ず、発電効率が低下してしまうのを防ぎます。

目視確認
目視確認

機器を直接目視して十分に稼働されているか、不具合の有無等の状態を確認します。

遠隔監視
遠隔監視

お客様に代わって設備を監視します。発電量のチェックや異常時の対応を致します。

緊急時の駆けつけ
緊急時の駆けつけ

お客様からの停電時の手動復旧や、監視装置による異常通知などのご連絡に迅速に対応し現場に駆けつけます。

部品交換・機器以上の早期復旧
部品交換・
機器以上の早期復旧

故障の原因を素早く解決し、安全に稼働できるよう部品の交換と、早期復旧を目指します。

機器の調査・点検
機器の調査・点検

パワコンやパネル、配線などの機器の調査・点検をします。

開放電圧・絶縁測定
開放電圧・絶縁測定

指定された測定方法で全て測定し、値が規定値以上であることを確認します。

モジュール点検・接続箱点検・パワーコンディショナ点検
モジュール点検・
接続箱点検・
パワーコンディショナ点検

目視に加え、機器を使用して不具合の可能性の有無を細かく点検していきます。

測定診断結果報告
測定診断結果報告
検査技術を取得した検査員が検査を行い、診断結果を結果報告としてお客様の元にお届けします。

このような法人様にお勧めしています。